支部活動

鼎支部総会を開催。事務連絡用にLINEグループを立ち上げ

令和2年度定期総会は、新型コロナウイルス対策のため鼎地区理事だけの出席で10月29日(木)午後6時より、上山区民センターで行いました。
中島同窓会副会長をお迎えして挨拶をいただき、令和元年度事業報告、決算報告、2年度事業計画(案)、予算(案)が提案され、全て満場一致で可決されました。
総会に続いて、支部内理事の方々に会報の配布と会費徴収作業を12月22日(火)までに行っていいただくことを確認しました。
また、事務連絡がスムーズにいくよう、利用可能な理事によるLINEグループを立ち上げました。
本来であれば、総会後の懇親会を行うのですが、コロナ禍のため記念撮影をして解散となりました。

泰阜支部総会開催される

泰阜支部令和2年度の総会を9月6日(日)、本会より中島武津雄副会長のご臨席を頂き開催しました。
当初コロナ禍の中、どうしようと役員会で検討する中、本村は落ち着いており開催しようという事での開催でした。開会に先立ち聴く新母校の校歌「虹の道標」も口ずさみながら聴くことができるようになりました。
はじめに、中島副会長よりコロナ禍の中で本会の総会ができなかったこと、また母校の近況等のほうこくをお聞きしました。議事では令和元年度の事業報告・決算報告、また令和2年度の事業計画・予算案を提案し、承認されました。事業報告の中では、会費徴収の取組においては、今回も役員の皆さんのご尽力により89%の高い実績を上げることができましたと、感謝の報告をすることができました。
今回の総会を開催する目的には、2年任期の役員の改選議案がありました。おかげに役員の皆さんからも積極的な意見も出され全員再任ということで承認されました。今回は地域の事業と重なり、参加者も16名と少人数でしたが開催出来て良かったと思いました。令和2年度も会報の配布をしながら会費の徴収と会員相互の交流を広めるべく、事業展開を図ることを確認しあうことができました。

鼎支部総会と親睦マレットゴルフ大会を開催しました

令和元年10月10日(金)に須山和彦同窓会副会長をお迎えして、鼎支部の定期総会を開催しました。総会では、1,500名を超える同窓会員への通知や、総会への出席者を増やすための対策等の課題をメインとした新年度事業計画と池田健一氏を新支部長に選出しての新役員体制など全議案を満場一致で承認していただきました。
併せて、出席した支部内理事の方々に会報の配布と会費徴収作業を12月13日(金)の忘年会時までに行っていただくことを確認しました。
総会後、鼎支部の旗を掲揚し校歌を流す中で懇親会が盛り上がり、楽しい時を過ごすことができました。

11月12日(火)新年度事業として松川河川敷マレット場において会員親睦マレット大会が開催されました。
時節柄お忙しい方も多く8名の参加にとどまりましたが、36ホールパー144のコースを廻り、終了後にコース内の休憩所で表彰式と茶話会で懇親を深めることができました。今後も、会員相互の親睦と絆を強める目的で支部を盛り上げていく事業を実施していきます。

発足6年目の中川支部活動について

平成30年11月10日に本会の中島副会長をはじめ飯島、駒ケ根両支部長を来賓に迎えて、平成30年度の支部定期総会を盛会に開催することができました。
当支部も本会同様に今年10月13日をもって支部設立5周年という節目を迎えることができました。これからも更に会員各位から親しまれる支部となれるように努力を重ねてまいりたいと考えていますが、まずは多くの会員が総会へ出席していただけることから取り組んでいかなければならないと思います。そのため、会員のニーズに沿った事業開催を心がけていきたいと考えています。
このたび、本会の支部統合5周年記念総会において、支部旗と旧飯田工業、旧飯田長姫、飯田OID長姫の校歌が入ったCDさらに助成金を記念事業としていただきました。この支部旗が会員相互の結束を更に強め、同窓会の維持につながるように願っているところです。
支部運営にあたっては、会員の連絡役となる評議員の皆さんに会費集金など多大なお骨折りをいただいています。会員の皆さんには母校の生徒達への大きな支援として貴重な財源となることをご理解いただきご協力をお願いしたいと思います。