支部活動

鼎支部総会と親睦マレットゴルフ大会を開催しました

令和元年10月10日(金)に須山和彦同窓会副会長をお迎えして、鼎支部の定期総会を開催しました。総会では、1,500名を超える同窓会員への通知や、総会への出席者を増やすための対策等の課題をメインとした新年度事業計画と池田健一氏を新支部長に選出しての新役員体制など全議案を満場一致で承認していただきました。
併せて、出席した支部内理事の方々に会報の配布と会費徴収作業を12月13日(金)の忘年会時までに行っていただくことを確認しました。
総会後、鼎支部の旗を掲揚し校歌を流す中で懇親会が盛り上がり、楽しい時を過ごすことができました。

11月12日(火)新年度事業として松川河川敷マレット場において会員親睦マレット大会が開催されました。
時節柄お忙しい方も多く8名の参加にとどまりましたが、36ホールパー144のコースを廻り、終了後にコース内の休憩所で表彰式と茶話会で懇親を深めることができました。今後も、会員相互の親睦と絆を強める目的で支部を盛り上げていく事業を実施していきます。

発足6年目の中川支部活動について

平成30年11月10日に本会の中島副会長をはじめ飯島、駒ケ根両支部長を来賓に迎えて、平成30年度の支部定期総会を盛会に開催することができました。
当支部も本会同様に今年10月13日をもって支部設立5周年という節目を迎えることができました。これからも更に会員各位から親しまれる支部となれるように努力を重ねてまいりたいと考えていますが、まずは多くの会員が総会へ出席していただけることから取り組んでいかなければならないと思います。そのため、会員のニーズに沿った事業開催を心がけていきたいと考えています。
このたび、本会の支部統合5周年記念総会において、支部旗と旧飯田工業、旧飯田長姫、飯田OID長姫の校歌が入ったCDさらに助成金を記念事業としていただきました。この支部旗が会員相互の結束を更に強め、同窓会の維持につながるように願っているところです。
支部運営にあたっては、会員の連絡役となる評議員の皆さんに会費集金など多大なお骨折りをいただいています。会員の皆さんには母校の生徒達への大きな支援として貴重な財源となることをご理解いただきご協力をお願いしたいと思います。

泰阜支部設立総会を開催しました

本年6月17日(日)に吉澤章夫同窓会長のご臨席を頂き、泰阜支部の設立総会を開催し、支部の設立をはじめ、支部会則・役員・本年度の事業計画及び予算案を全会一致で決議し、支部の成立ができました。
かねてより、本部からの要請も受けて年配者を中心に「設立しよう」と声を掛け合っていましたが、今年に入り支部統合5か年計画に応えるべく早期の設立を目指そうと、10名余の設立発起人が集まり、本部から同窓会名簿の提供を受けて村内在住会員を確認する設立準備会を2月に開催しました。その後、数回の準備会での検討を経て、設立総会を開催する運びとなりました。泰阜には、両校ともに同窓会支部は無く初めての取組となり、協力体制もスムースにできました。設立総会では、本会より頂いた同窓会泰阜支部の旗を掲げ、校歌のCDを流し、設立総会ムードを高めることができました。総会後の懇親会は一挙に盛り上がり、楽しい時を過ごすことができました。今後は若い会員の参加を働きかけて、会員相互の親睦と絆を強め、支部を盛り上げていくことを確認しました。

東海地区設立総会が開かれました

2月17日(土)に東海地区同窓会の設立総会を開催しました。東海地区における同窓会の統合については、平成24年11月に両校同窓会の情報交換会を開催以降、統合に向けた検討会、統合事務局へと検討の場を移しながら、両校同窓会の役員、本部同窓会のご指導・ご支援を得て、また多くの会員との意見交換を経て結実したものです。
当日は、本会から吉澤会長、久保田副会長をご来賓としてお迎えし、会員43名の参加により会の名称を{長野県飯田OIDE長姫高等学校東海地区同窓会(略称「飯田OIDE長姫同窓会」)とし、会則・役員・事業計画・収支予算を決定しました。その後の懇親会では、昭和23年卒の大先輩と平成29年卒の新入会員の紹介、3校の校歌、懐かしい故郷の話で盛り上がりました。
本年度は、11月10日(土)の飯田下伊那地区高校同窓会中京地区合同懇親会の幹事校として計画・準備にあたるとともに、多くの会員が集える会を目指して活動いたしますので、皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

新役員
会長      大平 治義   S41電気
副会長      北澤 清人   S39建築
〃       島田 常保   S43電気
〃       福沢 富士夫  S48建築
事務局長    小木曽宗男   S51土木
事務局次長   松村 一也   S57電気