新型コロナ禍での総会開催と支部会報の発行(中川支部)

令和3年11月20日、会員19人の参加により支部総会を開催しました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念される中ではありますが、役員改選を伴う総会であることから、十分な感染対策を施した上での開催としました。残念ながら懇親会は行いませんでしたが、新型コロナの早期収束を願い、再び交流が行われることを参加者一同願いました。
支部では会員への情報提供のため、名年総会終了後に支部会報を発行しています。総会で承認された内容はもちろん、生徒が部活で頑張っている姿や、支部開催のイベント、会員の趣味の紹介など、母校や同窓会に心を寄せていただく記事を中心に発行しています。年ごとに10ページから15ページほどの冊子となりますが、支部発足以来9号を発行し、現在は10号記念特集号の取材や原稿依頼を行っています。会員の皆さんに同窓会を身近に感じて頂けるよう、今後も工夫した紙面づくりを行いたいと編集委員一同考えています。
新型コロナの影響拡大により、何よりも母校の学生生活が制限されている事が心配されます。学生たちが充実した高校生活を過ごせるよう、支部としても心を寄せていきたいと考えています。

中川支部 事務翌 宮崎 朋実