3年度定期総会開催される

令和3年度定期総会が、6月5日(土)午後3時より母校プレゼンテーション室において58名の参加で行われました。本年度もコロナの影響により、理事のみの出席で行い、生徒の発表や懇親会は中止としました。
3期6年間務めた吉澤会長から、「コロナ禍で支部総会等ができない我慢の年であったが、次年度以降活動の制限もあるが、本部と支部が連携してあらゆる事業が推進できるよう頑張ってもらいたい。」とあいさつがあり、任期中の会員の協力に感謝の言葉がありました。
来賓の松原校長先生からは、現在の学校の話題と文科省の地域との協働による高等学校改革推進事業の取組が3年目を迎え地域産業との連携に成果を上げている事、来年度から定時制が多部制・単位制を作り3年間で卒業できる制度を実施していくお話がありました。
令和2年度事業報告、決算報告、3年度事業計画(案)予算)が提案され全て可決されました。決算報告等は9月に発行される同窓会報に掲載しますのでご覧ください。
本年度は役員改選があり、会長に須山和彦さんを選出、正副会長、監事事務局長10名体制となりました。
会長=須山和彦 副会長=井口昇治、中島武津雄、澤柳孝彦、清水勇、北澤義和、塩澤りゑ子、監事=小木曽俊夫、井坪隆、事務局長=吉川文人
                     会長あいさつ
                     総会風景
                   校長先生あいさつ